ぬのめだむ
布目ダム


布目ダムの雑学



◆ダムの目的について

1.洪水を調節します。
台風や大雨での被害を防ぐため、水量を調整して下流の人々の生命や財産を守ります。

2.川に適度な流れを作ります。
ダムに貯めた水をいつも流すことで、下流河川の流れを安定させ、環境保全を図ります。

3.家庭で使う水を作ります。
ダムに貯めた水を奈良市の水道用水1.08立方メートル/s、 都祁簡易水道(奈良市)0.00463立方メートル/s、山添村の水道用水として0.0097立方メートル/sとして使います。

4.発電をします。
ダムから放流される水を利用して、布目ダム発電所で、最大2.2立方メートル/sの水を利用し最大出力990kWの発電を行います。
発電した電気は、管理所で使用し、残りを販売しています。


◆ダムの規模

長さ322m 新幹線のぞみ約13両分の長さ
高さ72m 奈良の大仏の約5倍の高さ
総貯水量1730万立方メートル 京セラドーム大阪の14.5杯分
貯水池面積0.95平方キロメートル 甲子園球場の24倍


◆ダムの種類

重力式コンクリートダム



トップページ





© (独)水資源機構
木津川ダム総合管理所
布目ダム管理所
電話 0742-94-0231